楽しい時間

ブログトップ

北海道旅行~カシオペア・旅立ち編

 いよいよこの日がやって来ました!!
寝台特急「カシオペア」号で行く、北海道の旅。
思えば1ヶ月前、朝早く起きて、JRの駅にある「みどりの窓口」へ10時打ちの事前予約に奔走したものの、敢え無く撃沈。しかし、そうなることを予期して「保険」として予約していた旅行会社のパックツアーで、今日この日のカシオペアツインのチケットをゲットすることができた。
某トラベルよりチケットが取れたという連絡が来たとき、自分の理想とは違った結果にそれほど嬉しい気持ちではなかったのが、正直なところ。
しかし、時間が経つにつれツインでも取れたことに「良かったぁ~」と安堵の気持ちへと変わってきたのは、言うまでもありません(笑)

さて、この日は仕事明け。お昼前に帰宅し、軽く食事を済ませてから準備を始めます。
大きな荷物は前日に準備済みなので、細かなものを支度して13時過ぎに自宅を出発。
電車を乗り継ぎ、15時前に上野駅に到着。
私の母がお見送りに来るということで、上野駅で合流。
駅の構内にある「エキュート」で買い物した後、「カシオペア」が入線する13番線ホームへ向かいます。
d0105080_1984596.jpg




カシオペアの入線時刻は15:35頃。その5分くらい前にホームへ向かい13番線ホームへ近づくと、ストップ寄りには既に人だかりが(^^;)
そして、シャワー利用券を購入するために4号車の乗り場へ向かうと、なんと既に長い列が出来ていました!!(゜o゜;;
噂には聞いていましたが、これほどまでとは思わなかったので驚きを隠せません。
その列に並んで待っていると、憧れの寝台特急カシオペア号がゆっくりと推進運転で入線してきました。
d0105080_1973220.jpg

「お~っ!!」
思わずそう声が出てしまいました。
この1号車展望スイートが取れれば最高だったんですけど、今はもう乗れることに喜びを感じていました。
そして、ストップ寄りにカメラを向けると、ご覧の通りの状況(^^;)
d0105080_1975529.jpg

日曜日ということもあってか、通常運行でこれですから、ラストランのときはどうなるのでしょうか?!
カシオペアの人気がうかがえる、そんな光景でした。
そーたくんもカシオペアに少し興味を持ったのか、キョロキョロしてました。それとも人の多さに驚いていたのかな?(笑)
d0105080_198244.jpg

入線後、少し経ってから3号車ダイニングカー通路でシャワー利用券の購入が始まりました。
d0105080_198890.jpg

ところが、このシャワー券購入が思わぬ事態になるとは、思いもよりませんでした。
ざっと20名くらい並んでいたのですが、一人あたりの時間が意外とかかり、なかなか進まない。
カシオペアの発車時刻は16時20分。入線してから10分が過ぎ、20分が過ぎ・・・。
少しずつ前には進むが、時間がかかり過ぎ。3号車の車内に入れたのは16時過ぎてから。それでもなかなか進まない。
発車時間まであと10分となったところで、ホームで待っていたかみさんたちに、私たちが乗る部屋に行ってもらうように伝え、その後もシャワー券購入のためひたすら待つ。
そしてようやく私の順番になり、今日の17:30からと18:30からの2枚購入することが出来ました。この時点で当日分は全て売り切れ、残りは翌日分のみとなりました。
しかし、このときすでに発車の3分前!! 私たちが乗車する8号車まで13番線ホームをダッシュ!!
見送りに来てくれた母と慌しく挨拶を交わし、8号車に飛び乗りました。
かみさんとそーたくんは先に乗っていたので、とりあえず荷物を部屋へ置き、ホーム側の通路へ出て3人で母とお別れのお手振り。
16時20分。カシオペア号は、定刻に上野駅をゆっくり出発しました。
ホーム上にいる鉄道ファンや家族連れの人たちへ、そーたくんと一緒に手を振って「行ってきま~す!!」(*゜ー゜)ノ
それに気づいてくれた皆さんが手を振って応えてくれる。「いってらっしゃ~い!!」ヽ(^ー^*)
なんかいいですよね(*^-^)
 
いやぁ~それにしても、入線時刻前に着いて発車までの時間に余裕があると思っていたのに、シャワー券購入にはやられました。こんなに慌しくなるとは考えてもいませんでしたよ。お陰で牽引機関車であるEF510の写真が撮れず、そのほかの撮りたかった写真が全く撮れず仕舞いだったのが唯一の心残り。残念っ!!
さて、上野駅を出発して部屋に戻ると、そこでもまたハプニングが。
私が乗り込んだときにかみさんから話を聞いていたのですが、なんと部屋の中にあるモニターとゴミ箱がある扉が開いているではありませんか?!
部屋に入ったときから開いていたそうで、母が気を利かして車掌に伝えたらしく、しばらくすると車掌が検札と一緒に来て扉を閉めてもらいました(^^;)
そんなこんなでドタバタ劇のカシオペア号上野駅出発の巻き、でした(笑)
とりあえずひと段落。のんびりソファーに腰を掛けます。
d0105080_1261497.jpg

ほどなく、車内販売員のアテンダントさんが夕食の確認とウエルカムドリンクのサービスを届けてくれました。
d0105080_1361362.jpg

最初の停車駅である大宮駅に着く頃には、あたりは夕暮れどき。
ホームで電車を待っている人たちに優越感を覚えながら、カシオペア号は北へとまた走り始めました。
さてここで私たちが乗車した8号車の部屋を簡単にご紹介。
まず、ドアを入り狭い通路へ。男の人同士のすれ違いは正直きついですね。
d0105080_199302.jpg

私たちの部屋は上階部。これまた狭い階段を上がります。
d0105080_1994382.jpg

8号車21番。
d0105080_1995173.jpg

ドアのロックは暗証番号によるテンキー式。
ドアを開けると中はこんな感じ。
d0105080_1910192.jpg
窓側の壁は白を基調としているため明るく、照明もちょうど良い明るさで、スイッチによる全灯・減灯ができます。もちろん消灯も。
部屋の広さは、ネットの動画などで事前に下調べしていましたが、想像していたほど狭さを感じませんでした。
また、身長173cmの私の背丈であっても、天井の高さも窮屈に感じることはありません。
d0105080_19104387.jpg

座席兼ベッドでもあるシートは、ソファのように適度な柔らかさとゆとりある座面の幅でとても快適です。
一番気になっていたこのシートの幅。かみさんと3歳のそーたくんが添い寝できる幅があるのか心配でしたが、とりあえず大丈夫そうです(^^;)
そして、カシオペアツイン特有のL字型に配置されたベッドの一部。
d0105080_19105199.jpg
上部には荷物が置ける棚があり、スペースを有効活用されています。この棚は本当に助かります。
そして、木目調のこちらの壁。落ち着いた雰囲気。まるで自分の部屋にいるような、そんなリラックスできる空間になっています。
d0105080_1911177.jpg
手前の引き戸をクローゼットを開けるかのように引くと・・・。

d0105080_1911796.jpg
ご覧の通り、トイレと洗面台が設置されています。
d0105080_19111672.jpg
便座の背面に洗面台の流し台が格納されています。
d0105080_19112341.jpg
その上にある鏡も収納ケースになっており、鏡を開けると中には歯ブラシとコップ、石鹸が入っています。
d0105080_1911323.jpg
限られたスペースを効率的かつ有効活用した、とても工夫を凝らした設備に感心させられました。
モニター画面には、現在カシオペアが走行している場所がナビゲーションとして表示されるチャンネルもあり、このときは利根川を渡って茨城県に入るところでした。(栃木県に入る前に、ちょっとだけ茨城県を走るんですね)
d0105080_1915196.jpg
さて、カシオペアの車内を軽く散策してみましょう。
まずは、先頭車である12号車のラウンジカーへ行ってみました。
通路が狭いため、行き交うときはお互い譲り合って通行します。しかし、そーたくんはそんなのお構いなしで、猛突進!!(^^;)
d0105080_19115921.jpg

マジックドアが開いた瞬間、この広いロビーが待ち構えていました♪
d0105080_1913734.jpg
壁は白を基調とし、回転式のイスとソファーは紫色と、こちらも落ち着いた雰囲気でやすらぐ空間となっています。
そーたくんと記念に。
一番前の特等席は、やはり人気がありますね。
d0105080_19142924.jpg
そーたくんは、回転イスと戯れています(ww
d0105080_19143930.jpg
すでに陽も沈み、辺りは真っ暗。それでも目を凝らして?外の流れる景色をかみさんとそーたくんは見ていました。
d0105080_19144948.jpg
この後、苦労して手に入れたシャワー券の予約時間となったので、10号車のシャワー室へ。
d0105080_19114265.jpg
まずは、かみさんとそーたくんが入りました。
画像にはありませんが、脱衣室はかなり狭く、シャワー室もご覧の通りの狭さ。私は昨年北斗星にも乗車したことがありますが、24系客車と変わらない気がします。このあたりは、比較的新しい物でも制限された空間では限界なんでしょうね。けど、お湯はカシオペアの方が温かかったです(笑)(北斗星はぬるかったからなぁ)
そして、シャワーのお湯が出る時間は6分。少ないような気がしますが、意外と事足りますね。

18時前、かみさんたちがシャワーから戻ると、ちょうど良いタイミングで今夜の夕飯であるお弁当が部屋に届きました。
d0105080_19155369.jpg
「カシオペアスペシャル弁当」3800円なり。
赤い包みに温かいお吸い物つき。
そして、お品書きも添えられてました。
d0105080_1916052.jpg
一の重。
d0105080_19165712.jpg
二の重。
d0105080_1917848.jpg
三の重。
d0105080_19171591.jpg

北海道をかたどった昆布が、北への旅路を盛り上げてくれます。
そして、温かいお吸い物。
d0105080_19172334.jpg
食堂車のダイニングカーでの豪華なフランス料理や懐石料理もとても魅力的ですが、今回はそーたくんも一緒のこともあり、ツインのお部屋でもケータリングサービスをしてくれるこの「カシオペアスペシャル弁当」を選びました。
けど、これがなかなかのものでした。弁当とはいえ、どれをとっても味がしっかりしており、とても美味しい。特にご飯の味付けが絶妙で、蟹の身といくらとの相性がバッチリ♪ 値段もそこそこしますが、今回はこれで正解でした。
そーたくんは、大好物のいくらへ真っ先に箸を伸ばしました(ww こんな幼い頃から贅沢を覚えてしまって・・・(^^;)
d0105080_191737100.jpg
小振りに見えたお弁当でしたが、食べてみるとボリュームがあり、お腹が満たされました♪
食後に今度は私がシャワーを浴びに行き、戻ってきてから再び車内探検へ!
9号車にあるミニロビー。とりあえず、座ってみる(ww
d0105080_191864.jpg

ちょうどガラス越しに映っていますが、同じところに飲み物の自販機があります。けど、容量の問題か、小さなペットボトルしかありません。
再びラウンジカーへ。
程なくしてカシオペア号は、福島駅に到着。
d0105080_1918151.jpg
もうこんなところまで来たんですねぇ。
ここでようやく今日の第1走者であるEF510-515機とご対面。
d0105080_1918223.jpg
まあ、先ほども見ていますが、画像に収めたのはこれが初めてなので。
このときも特等席は満員でした(^^;)
北斗星色の青釜も好きですが、やっぱりステンレス車両のカシオペアにはカシオペアカラーの銀釜がお似合いでしょうか?
とは言うものの、この記事を編集したのは12月に入ってからで、この日に牽引したEF510-515号機は、JR貨物に譲渡され田端から富山へ配置転換されたようです。また、今年の8月に北斗星のラストランを牽引したのもこの515号機だったようで、今思うとこれはこれで良い記念になったなと、感じています。

部屋に戻り、家族でまったり寛ぎタイム。3人で記念撮影♪
d0105080_19184215.jpg
上の4人の子供たちには申し訳ない気持ちがありましたが、今回の旅行は「カシオペア号」に乗るのはもちろん、私とかみさんの結婚25周年記念旅行も兼ねているのです(*^^*)
21時30分を過ぎたあたりで、ベッドメイキングを。
結構簡単に出来ます。
窓側はご覧の通り、向かい合った座席を引っ張り出してベッドに。もう一人分は、L字型に窓側から通路側にすでに設置してあるため、シーツを敷くだけで出来上がり。
d0105080_19185195.jpg

ただ、このときに荷物の置き場所にかなり困りました。
キャリーバッグを空いている床の部分に寝かせると、足の踏み場がなくなるのです(^^;)
まあ寝るだけなのでいいんですけど、このときあの荷物を置く棚が重宝するのです。置ける物はどんどん置いちゃいました(笑)

そーたくんも興奮してなかなか寝付けなかったようですが、私もうとうとしては起きての繰り返しで、気づいたときは盛岡駅に到着。
d0105080_19185923.jpg

時間にして23時過ぎ。
さすがにこの時間ともなると、仕事明けも相まって眠気が勝り、カシオペアに揺られながら夢の中へと入っていきました。。。

つづく・・・

[PR]
by isamu_m | 2015-11-22 23:35 | ファミリー | Comments(0)