楽しい時間

ブログトップ

定番!吉田うどんツーリング

今日もお仕事はお休み。また昨日に引き続き、朝から暖かい。
久々にバイクで出かけたくなり、さて何処へ行こうか考えてみたら、とりあえず遠くもなく近くもない、富士吉田の吉田うどんでも食べに行くことにしました。




出発はのんびりの10時30分すぎ。この時間だと余裕で暖かく、気持ちよくスタートできますね。
いつもの道でまずは宮ヶ瀬、そしてR413で道志方面へ。
道の駅道志の手前でK24へ入り、都留市からはR139を河口湖方面にバイクを走らせます。
そして着いたところがこちら、「くれちうどん」
d0105080_20574527.jpg
私がいつもお邪魔している吉田うどんのお店「ムサシ」は本日定休日なので、今回は訪れたことのないお店と決めておりました。
「吉田うどん」で検索すると、じゃらんのサイトで一番最初に出てきたのがこの「くれちうどん」さん。
まぁそんな安直な感じで今回のお店はき決めましたが、さすが有名店、13時前に入ったのですが、店内は混雑しておりました。
注文するものは事前に調べておいたので、座敷に上がるやいなや、注文用紙に記入しお店の方に手渡しました。
5分くらい待って、やってきました。
d0105080_20590323.jpg
くれちうどん、550円なり。
いわゆる具の「全のせ」
あ、揚げ玉は右側にありますように、自由に入れられます。
吉田うどんのあの歯応え、手打ちらしく大小様々なうどんたち。そして味付けされた馬肉にきゃべつとわかめ、たまごがトッピングされております。
お味の方は、なかなか美味しいですね。若干、塩っけが強めかな?
うどん自体にも塩味が付いてますし、味付け馬肉も若干しょっぱかったかも。
ただ、たまごがあるので汁もまろやかになり、おいしくいただきました♪ ご馳走さまでした。

食後のあとは、河口湖畔の景色がいい道を走りながら、西湖を目指します。
富士山も綺麗に見えております。
d0105080_20592425.jpg
ここで、コーヒーブレイク。
とうとうワタクシいさも、ラーツーならぬコーツー?(言い方あるのかな?)に目覚めてしまいました。
最近、ちょこちょこ必要なモノを買い集めておりました104.png
d0105080_20594775.jpg
まずは入門ということで、保温性に優れたモンベルのアルパインサーモボトル0.9リットルにお湯を入れ、キャプテンスタッグのコーヒーミルとユニフレームのコーヒーバネットキュート、ダイソーのアルミコップでチャレンジ!!
自宅から持ってきた、お気に入りのグァテマラをミルへ。
d0105080_21000793.jpg
豆の挽き具合を設定し、ゴリゴリハンドルを回します。
d0105080_21014170.jpg
初めての手挽き。こういう感触なのね(笑)
豆を挽き終わったら、ペーパーの準備。
d0105080_21005068.jpg
今日は風が強いから、ペーパーが飛ばされないように気をつけながら、挽いた粉を入れて。。。
d0105080_21021757.jpg
おお~いい感じに挽けてるね。
そして、ボトルからお湯を注いでドリップ。
d0105080_21023640.jpg
保温力は抜群ですね。熱湯を入れてこのときですでに4時間以上は経っているけど、熱々なお湯が出てきました。
家で淹れてるような細いお湯の淹れ方は難しいですが、そこはアウトドアならではってことで(ww
d0105080_21025381.jpg
とりあえず、挽きたて、淹れたてのコーヒーが出来上がりました。
d0105080_21030568.jpg
う~ん、初めての経験♪ 外で淹れたコーヒーもまた格別ですね♪ おいしい~!!
美味しいんだけど、さっきから鼻が詰まってきて味が台無しに。。。141.png
風も強いし、花粉ももの凄く飛んでいるんでしょうね。
コーヒーを飲み干したら、帰路につきます。
帰りは山中湖の北側を通り、R413の道志みちへ。その山中湖周辺だけ異様に空気が冷たく、冬に逆戻りした感じ。
富士山からの吹き下ろし?なのかな。ホント寒かった。
道志みちでたくさん「ヤエー」しながら(私は返すだけですけど128.png)、オギノパンへ。
d0105080_21032141.jpg
今日のツーリングの〆は
d0105080_21033676.jpg
はい、あげぱんです(ww
やっぱり旨いなぁ110.png
糖分補給したところで自宅を目指し、17時20分無事帰宅。

走行距離 205km
平均燃費 20.5Km/L

今日は平日の割に、ライダーが結構いましたね。
暖かくなってきたから、みんな走りたくてウズウズしていてんでしょうね。私もそうですが104.png
しかし、最近やけに「ヤエー」するライダーが増えた気がするなぁ。私からすることはありませんが、できる限り「お返し」はします。
もちろん、無理な状態ではやりませんので、悪しからず109.png

[PR]
by isamu_m | 2018-03-15 20:55 | バイク | Comments(0)